家づくりを通しての信頼

私たちの家づくりは、家づくりを通して『信頼』を得ることを目的としています。
家づくりには、家族の夢、長く住み続けていただける環境、建てる人の想いがあります。
それらに応えることで『信頼』を得て、結果として社会に貢献できると考えています。

お客さま満足度90%を目指す

お客さまのニーズ×コミュニケーション力×品質クオリティ
この3つの要素が、お客さま満足度90%以上を確立します。

職人が品質クオリティを決める

全ての現場に自社の職人が関わります。
自分たちの仕事に責任を持てる職人が、私たちの力であり、品質クオリティを支える柱です。
社員と職人一人ひとりが、自分の家を建てる気持ちで、仕事に携わっています。

最新施工事例

施工事例
I様邸

お問い合わせ・ご相談はこちらから

最新お宅訪問

お宅訪問
M様邸

1年前に富士工営で、家を建てたMさんご夫婦。

友人の勧めで、マイホームを真剣に検討を始め、
約1年かけて、ハウスメーカーや工務店を見て回った。
色々なメーカーを見て勉強していくうちに、
機密性の高い、また光熱費などを考慮したエコ住宅に強い
会社を中心に検討した結果、富士工営を選択した。

地熱と排気熱を利用した工法は、夏でも冬でも、
快適な温度を安いコストで保ってくれる、
と嬉しそうにMさんは話す。
エアコン1台で夏も冬も快適に過ごせているのは驚きだ。
もう自分の家では当たり前だが、
特に実家に行った時などに、違いを実感されたようだ。

また、奥様がこだわったキッチンとパントリーは、水回り導線を考慮されて、
特にサンルームは奥様もお気に入りだ。
友人にも羨ましがられる設計となっている。

設計は、Mさん自身でおこない、試行錯誤して作っただけあり、今でも満足しているとのこと。
反省点としては、もっとコンセントの数を増やしておけばよかったくらい。
1年経った今でも、満足度は高い様子だった。
お問い合わせ・ご相談はこちらから

ペレット商品

山林の伐採などで発生する木片、間伐材、端材、木くず、流木など
今まではゴミとして捨てられてきた材料を加工して作られる木質ペレットは
環境に優しく、近年、急速に注目を浴びている素材です。

取り扱いが簡単で、手も汚れず、備蓄が可能な燃料です。

ペレットストーブ
(木質ペレット暖房機)

ペレットストーブとは、木質ペレットを燃料とするストーブのことです。主に北欧を中心に広く世界中で使用されていますが、日本では1990年頃から製造され始めました。間伐材の利用促進や石油を使用しないことで地球温暖化対策に貢献するなどの特徴があります。原油価格の高騰も相まって近年急速に注目されつつある暖房器具です。

ペレットストーブは、燃料である木質ペレットを効率よく燃焼させます。薪ストーブとは違い、燃料タンクに貯蔵されたペレットを小量ずつ自動で燃焼室に供給するので、燃料補給の手間が軽減されます。燃料の取扱も容易で、手が汚れません。着火は運転スイッチのボタンを押すだけの簡単操作。煙、灰の量も少なく、火力調節もできます。

薪ストーブと石油ファンヒーターのいいところを併せ持った次世代の環境型暖房機です。木質ペレット暖房機は、温室ガス(CO2)の排出を削減し、地球温暖化防止に貢献します。

設置には壁に吸気管と排気管の2箇所穴あけの簡単な工事を行う必要があります。工務店が施行するので、家の構造を理解した安心工事です。

ペレットタイプの猫砂

口にいれても安心。ペレットタイプの猫砂。
砂のような飛び散りもなく匂いも木質チップの匂いで消臭効果あり。
水分を含むとオガクズになって下のトレーに溜まります。
溜まったオガクズを燃えるゴミとして捨てる事で、上に残ってるペレットはいつも清潔。
20kg 1,500円(税別)なのでお財布にもやさしい。
市販の猫砂との価格を比べてみて下さい。

ご希望の方にはサンプルを差し上げます。
電話やメールでご注文承ります。

会社概要

会社名 富士工営 株式会社
代表者 代表取締役 池津 崇延
所在地 〒379-2111 群馬県前橋市飯土井町168-4
電話 027(268)3484
FAX 027(268)1954
設立 昭和58年11月
資本金 1,000万円
事業内容 一般住宅・集合住宅工事の工程管理及び施工管理
エクステリア工事 解体・造成工事
社員数 男性9名(1名社員大工)、女性2名 計11名
建設業の許可 群馬県知事登録(般-18) 第12218号
主な工法 木造軸組工法、S造、RC造
アフターサービス 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年
施工エリア 群馬県内
主要な営業所 資材センター
群馬県前橋市二之宮町265-4
グループ企業 株式会社 崇洋
株式会社 赤城資源

ご挨拶

私たちを知ってください。

私たちは、お客様に高い満足をお届けすることを当たり前の使命として、自信を持ってご提案しています。現場も営業も事務も、同じ目標に向かって、それぞれの仕事に取り組んでいます。そんな私たちのことを一人でも多くの人に知っていただくことが、私の夢であり使命です。

代表取締役社長
2004年社長就任

池津 崇延

社員からの声

口下手な社長に代わって、社員から見た社長の印象をご紹介します。

厳しい中にも愛があり、「人を大切にしたい」という強い思いが行動からも伝わってきます。
その姿から皆が学び、全員で価値観を共有できていると感じています。(営業室長:池津洋)

厳しいけれど筋が通っていて、尊敬できる人です。
(営業室:関根章)

厳しい中にもあたたかさがあり、「守られている」と感じます。
(業進課長:吉田良雄)

すべての言葉や行動に「人を大切に」という思いが貫かれています。
(工務課:金井匠)

「適当」を許さない、とても厳しい人ですが、正論なので納得できます。
(工務課:保坂優裕)

厳しいけれど面倒見がよく、社員思いの社長なので、信頼して付いていけます。
(工務課 工務長:藤沢恭一)

心がまえから行動まで厳しい人です。
(工務課:堀成晃)

自分自身にも厳しく、行動が伴っています。真摯に仕事に向き合う姿から、皆が多くのことを学んでいます。
(総務課:萩原良枝)

仕事には厳しいですが、気さくにコミュニケーションをとって、自ら交流を図っています。
(総務課 総務長:高田里美)

社員・職人インタビュー

誰もが人を
思いながら

営業室長 2016年入社

池津 洋

お客様の暮らしを快適に導くことが、当社の使命。そして、私のもうひとつの使命は、社員や職人が、将来に不安を感じることなく、日々の仕事に全力で取り組める仕組みをつくることです。現場で働くスタッフの意見を聞きながら、互いに助け合える環境の中で、理想に向かって努力を続けています。
社長が日々、口にしている「人を大切に」という言葉は、私はもちろん、社員や職人にも染みついていて、誰もが人を思いながら仕事に取り組んでいます。人を大切にする姿勢は、お客様への責任や感謝に繋がり、すべての人が幸せになれる連鎖を生み育てるのだと実感しています。

こんなところをがんばっています!

引き渡し後、施主さまから「快適に暮らしている」との声を聞くと、最高の喜びを感じます。その声をいただくために頑張っています。

夢があり、
やりがいを感じる仕事

営業室 2008年入社
営業サポート・図面・
書類作成・各種契約申請業務

関根 章

「人が暮らす家をつくる」という建築の仕事は、夢があり、やりがいを感じる仕事。社長が家族のように接してくれるので、居心地が良い職場です。今は年の近いスタッフが増え、楽しい中にも刺激があり、ますます頑張ろうという気持ちです。

こんなところをがんばっています!

細かい仕事をミスなくこなすことはもちろん、完成イメージを分かりやすく図面に起こせるよう努力しています。

一体感のある職場

業進課長 1995年入社
現場検査・リフォーム業務・
アフター対応

吉田 良雄

社員はもちろん、職人さんも、みな良い人たちばかりで、同じ目標に向かって仕事に取り組める一体感のある職場です。それは、「社員も職人も守り抜く」という伝統の理念がもたらしているものだと思っています。

こんなところをがんばっています!

「良いものをつくりたい」との思いで現場に立っています。お客さまに喜んでいただけたときは、最上の喜びを感じます。

厳しい中にも
笑いが絶えない

工務課 2013年入社
現場監督

金井 匠

厳しい中にも笑いが絶えない、居心地の良い職場です。「人を大事にする」という社風で、お客様はもちろん、社員も職人さんも尊重されているので、厳しいことを言われても「自分のために言ってくれている」と思えます。

こんなところをがんばっています!

日々、コミュニケーションの大切さを学びながら、「人を大切にする仕事」を肝に銘じて取り組んでいます。

みんなを支えられる
人間になりたい

工務課 2009年入社
現場監督

保坂 優裕

何かあれば周囲のみんなが相談にのってくれるので、安心して現場に向かえます。みんなのサポートに応えられるよう、日々、気配りを怠らず、みんなを支えられる人間になりたいです。

こんなところをがんばっています!

人との繋がりやチームワークに助けられながら、スムーズな現場進行に努めています。

仕事を任せて
もらえるのがやりがい

工務課 工務長 2009年入社
現場監督・職人のスケジュール管理

藤沢 恭一

お客様からの言葉を励みに頑張っています。重要な仕事を任せてもらえるのがやりがいです。困難な壁にぶつかっても、そこから逃げずに立ち向かうことで、成長していきたいと思っています。

こんなところをがんばっています!

「職人を守ること」を使命に、スムーズな現場進行に努めています。

夢や希望を
形にする喜び

工務課 2018年入社
現場監督補佐

堀 成晃

人柄の良いスタッフばかりで、良い雰囲気です。若いスタッフが前向きに努力している姿は励みになります。お客様の夢や希望を形にする喜びを、皆と共有できるのも大きなやりがいです。

こんなところをがんばっています!

これまでの経験を活かして、監督や現場のスタッフをサポートできるよう、細かいことまで気を配るよう心掛けています。

人間関係の
ストレスがない

総務課 2005年入社
受注受付・入金管理・各種手続き業務

萩原 良枝

若いスタッフが多く、明るく元気いっぱいな職場です。長く続けてこられたのは、社員はみんないい人で、人間関係のストレスがないおかげです。余計なことを考えず、仕事に必要なことだけに集中できるので、働きやすい会社です。

こんなところをがんばっています!

書類の手続きなど、事務方としてみなさんのお仕事をお手伝いできることが、一番のやりがいです。ミスなくスムーズな業務をサポートできるよう心がけています。

仕事上の悩みは
ほとんどありません

総務課 総務長 2007年入社
経理・労務管理

高田 里美

社員みんな仲が良く、若いスタッフは息子のような存在です。何かあったら相談して、話し合いながら業務改善しています。そんな関係が出来上がっているので、仕事上の悩みはほとんどありません。

こんなところをがんばっています!

労務の手続きを担当しています。社員1人ひとりとのコミュニケーションを大切にしています。

会社沿革

昭和58年11月 創業
前橋市二之宮町265-4にて富士工営株式会社を資本金250万円で設立。
同時に土木建築工事請負業を始める。
昭和59年3月 土木工事業・建築工事業で一般建築業許可を受ける。
昭和59年11月 資本金500万円に増資
昭和60年12月 資本金1000万円に増資
平成3年10月 前橋市飯土井町168-4へ新社屋完成と同時に本店移転。
平成7年4月 前橋市二之宮町265-4へエクステリア部門として、株式会社崇洋(タカヒロ)を設立。
平成16年9月 代表取締役に池津崇延 就任
お問い合わせ・ご相談はこちらから
〒379-2111 群馬県前橋市飯土井町168-4
電話:027(268)3484 FAX:027(268)1954
© 2018 富士公営 LTD.